頭痛を治したいときはどうすればいいか

医療

頭痛を治したいときはどうすればいいか

体の不調の悩みとして多いのが頭痛かもしれません。
常に頭痛がある、ある特定の時に頭痛が起きる等悩んでいる人は多いとされます。
頭痛の原因とされているのが頭部の血管の状態といわれています。
血流が多くなり過ぎていたくなるとき、少なすぎていたくなるときなどがあります。
その他頭の筋肉が影響することもあります。
頭痛には種類があるとされ、その種類をきちんと把握していないと対処もできません。
血管が影響することが多いですが、流れ過ぎて痛むときには血流を抑えるために冷やすといいとされています。
一方血流が少なくて痛みが出ているときには血流が良くなるように暖めると良いとされています。
逆の方法だとより痛みが出てしまいます。
頭痛で怖いのが、脳血管に何らかの異常が発生しての痛みです。
脳出血、クモ膜下出血などは脳内の血管から出血した時に強い頭痛が起きます。
単なる頭痛と勘違いして処置を怠れば、命に影響した利後遺症が残ったりします。
すぐに病院に行く必要があり、脳の治療ができる医療機関を利用する必要があります。

お知らせ

一覧